2015年3月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

« 【仝茸狩り→きのこ狩り☆きのこ料理専門店 きのこの里へ♪仝】 | トップページ | 【仝きのこ探訪 きのこ薬師&ブックマーク・ナゴヤ☆スペシャルトーク仝】 »

2010年3月28日 (日)

【仝奥村あやお先生とアミガサ狩り♪仝】

先の20日、師匠を含め濃い(重症・末期wの)の菌友らと某所へ集合♪

今回は伝承料理&食文化研究家の奥村 彪生(あやお)先生を

アミガサタケ狩りへお連れするのだ♪

各種料理本やら<NHKきょうの料理>や、

関西テレビの「今晩なに食べたい?」でご存知の方もいるかもしれんけど、

ほんわかした語り口調とユーモア溢れる素敵な先生。

料理では乾燥アミガサタケを使っているけど、

アミガサ狩りに行くのは初めてとの事だそうで。

僕らの目論見としては先生に沢山持ち帰って頂いて、

アミガサタケを使った料理を考えて頂こうかなと♪

普段採ってきても調理方法に偏りがあるし・・・。

 

集合場所で挨拶がてら少しお話し。

奥村先生も僕と同じ和歌山県出身だと伺っていたので郷里をお尋ねすると、

隣の町でビックリ。とても気さくな先生で、散策の道中田舎の山菜の話しも楽しめた。

特にうちの実家周辺で食べている「クサギ(臭木)」については

「クサギ!あれうまいね、湯がいてゴマふって・・・」と共感しきり。

独特の香りと風味が美味しい山菜だ。

散策の道中はいよいよ本番を迎えたトガリアミガサタケが一杯♪

Rimg9000

採取するのを戸惑うほど可愛い仲良しペア発見♪

ま、ガッチリと採取して仲良く(?)カゴの中へw

他の種類と思われるアミガサタケもちらほらあり、

Rimg8989

オオアミガサタケなんだかオオトガリアミガサタケなんだか混在♪

Rimg9006 Rimg9003b

まだまだ本調子では無いにしても、どっさりと収穫があった♪

久しぶりに出会ったヒメコンイロイッポンシメジ(姫紺色一本占地)らしき子。

Rimg9002

ちゃんと撮れなかったけど、華奢で美しいキノコだ。

昼食の時間になり、皆だいたいオニギリ持参。

「これ炊いて握ってきたから、どうぞ食べてください。」と、

Rimg9009 Rimg9010b

奥村先生お手製の炊き込みご飯おにぎり♪

皆で声を上げて食いつく♪♪なんと、家で漬けてきたと、

奈良漬に、イカナゴのクギ煮まで。たまらん♪♪

おにぎりはプチ精進料理だと仰っていたが、

具沢山なのにに程よい味加減で素敵♪奈良漬も旨い!

キノコの話にも拍車がかかって、ひとここち。

先生が飲んでいたペットボトルのお茶が気になったので

お尋ねすると、某御茶屋さんのPB商品だった。買ってみねばw

帰り道もアミガサポイントに寄り道しつつ・・・。

なかなか素敵なコケが杉の切り株に生えていたので撮ってみる。

Rimg9015

思わず「ラピュタの内部(王の間?)みたいだ」と連想。

発作的にムスカの真似までしてしまう始末でw

Rimg9016

帰りには、まだ夕方なのに下町情緒溢れる飲み屋へ・・・。

奥村先生は普段来ないタイプの店だそうでw

皆で日本酒中心に飲んで語り明かして、ちょっと心配しつつ、

駅でアミガサ一杯持った先生をお見送り・・・。

そのまま、菌友の知り合いの店へ飲みに・・・w

 

(明日、名古屋に遠征する予定なのにw)

« 【仝茸狩り→きのこ狩り☆きのこ料理専門店 きのこの里へ♪仝】 | トップページ | 【仝きのこ探訪 きのこ薬師&ブックマーク・ナゴヤ☆スペシャルトーク仝】 »

趣味」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/551102/47927923

この記事へのトラックバック一覧です: 【仝奥村あやお先生とアミガサ狩り♪仝】:

« 【仝茸狩り→きのこ狩り☆きのこ料理専門店 きのこの里へ♪仝】 | トップページ | 【仝きのこ探訪 きのこ薬師&ブックマーク・ナゴヤ☆スペシャルトーク仝】 »