2015年3月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

« 2010年7月 | トップページ | 2010年9月 »

2010年8月

2010年8月29日 (日)

【仝グッときのこ☆ 7月のまとめっぽいキノコたち。後編仝】

7月も下旬にさしかかった19日は大原野森林公園の

菌類調査に同行・・・大先輩で画家の大竹さんが同行とあって、

メインターゲットはキノコより、虫草♪

Rimg4492

秋山茸や茶台苔、天狗・猪口・紅茸に挨拶しつつ、

出会った虫草たち。

Rimg4501

Rimg4532

Rimg4545

異質で素敵な面々の中で大竹さんも初めて見たというヤツも。

Rimg4540

キマワリが・・・どないなってるんだろう。

その他、お洒落な笠襞茸や木の実から生えた美しい子を眺めた。

Rimg4509_2

Rimg4553

大食漢のアライグマ達らの食害を如実に表した、

柵で囲った斜面が印象深かった。

Rimg4556

 

再び神戸方面。

行きつけの場所でも、尖紅山茸たちがようやく顔を出す。

Rimg4566

天狗達の中でも袋鶴茸たちが賑やかさを増しつつ。

Rimg4574

京都でも出会ったお洒落キノコ・笠襞茸も登場。

Rimg4597

あまりの美しさに息を呑んだが、写真には反映できず(=д=)

Rimg4603

Rimg4605

乳茸たちもますます賑やかになり、猪口も足紅猪口が登場。

7月も終わりに近づいた27日には再び京都へ。

雨不足でカラカラのフィールドに群生していた、

妙に違和感のある大ぶりな茸。紅茸の仲間のようで・・・。

Rimg4635

ベージュ色の藍茸といった印象。

香りも心地よく、味も藍茸に似て温和だった。

Rimg4638

Rimg4647

どうやら破黄茶初(ヤブレキチャハツ)のようだ。

Rimg4704 Rimg4706

見慣れない違和感と可愛い風貌が印象的な茸だった。

 

そして、この子。破黄茶初の群落の近くで出会った子。

Rimg4656

近い種類かと思っていたら襞がこんな粗さ。

Rimg4658

菌友から情報が入り、確認したところ肉質の硬さもあいまって

おそらく狐初(キツネハツ)だろうということになった。

狐茸の仲間にも似ていて、面白い風貌の紅茸だ。

 

天狗達も猪口も少しずつ、顔ぶれを増しつつ・・・8月へ♪

【仝グッときのこ☆ 7月のまとめっぽいキノコたち。前編仝】

書きたいキノコのネタはどんどん積もり、

散策で出会ったキノコ達の日記も・・・ということで、

とりあえず、まとめのようなものを書きます♪

大量のキノコたちの中からかなり乱暴にピックアップ。

同定もアバウトなのでツッコミもコメント大歓迎♪

 

7月初旬、野山には乳茸の仲間が顔を出しはじめ、

僕のゲレンデ(主に神戸市)では時期を通して

広羽乳茸に沢山出会った。

Rimg3819

柿のような笠に変色しない乳液、味は乳茸より上だとも。

先月に引き続き絹笠茸たちもちらほらと。

この頃は赤玉絹笠茸らしき連中が、笹交じりの雑木林の

地上にポコンと飛び出たような姿をよく見た。

Rimg4267 Rimg3805

Rimg3813

朱鷺色平茸などの木材から出る連中や、

天狗や猪口なんかの菌根菌らも賑やかに・・・。

日記にも書いたがとりわけ、卵茸たち一気に勢い付いていた。

http://myco-radical.way-nifty.com/kusabira/2010/07/post-6e12.html

http://myco-radical.way-nifty.com/kusabira/2010/07/---c444.html

Rimg4053

実家(和歌山県中南部)でも卵茸たちがちらほら。

一本占地の仲間や、天狗(灰神楽や白鬼茸たち)も賑やか。

http://myco-radical.way-nifty.com/kusabira/2010/07/---5a5d.html

http://myco-radical.way-nifty.com/kusabira/2010/07/---5c63.html

思えば、このあたりがピークだったように思う・・・初秋はどうかな?

中旬を越えてついに待っていた浜臭木卵茸たちが顔を出す。

Rimg4306

この怪獣の卵のような幼菌、分厚い外膜は色々な生き物に齧られて、

外からの影響を受けまくるし、良し悪しありそう。

ちょっと見かけない一本占地の仲間も顔を出していた。

Rimg4323

中旬の後半、京都市内では藍茸等の紅茸たちを数多く・・・。

Rimg4388

そして、始まったばかりの炎天下をあらわすように

去年かなり名前を売ったこの真のアンタッチャブル茸☆

Rimg4467

火焔茸の発生を確認。やや早めだそうな。

最上と言っても良さそうな毒性はさておき、

燃え上がるような色、仏像の手のような姿に見ほれる♪

Rimg4477

このぐらいのなら触ってしまいそう・・・?

知る限り、茸の中で唯一触ると炎症等を起こすやつだ。

Rimg4479

♪燃えに燃えて炎天下~・・・と大好きなイエローモンキーの

歌が聞こえてきそうな印象の茸。

↓こちらは七支刀のような風貌。

Rimg4487b

この火焔茸を見たあたりから、どんどん暑さを増して・・・。

しかし、停まる事のないキノコバカの脚はどんどんと先へ♪ 

2010年8月18日 (水)

【仝日本きのこ歌♪ 椎茸×きのこ×キノコ×きのこ。仝】

またもやキノコ散策やら観察会やらmixi日記やら・・・

他の事にかまけてサボりかけてたので、

個人的にホットな(?)きのこネタを♪

きのこグッズ収集の中で、時々出会うキノコの出てくる音楽。

 

僕も写真を提供させて頂いた、

菌友の堀さんによるキノコ名著<きのこる。キノコLOVE111>

でも紹介されている戦前の茸童謡<おしゃれ紅茸>。

以前、ブログでも書きましたが、とても可愛い日本の茸童謡。↓

http://myco-radical.way-nifty.com/kusabira/2010/01/post-aa61.html

(ちなみに、<きのこる。キノコLOVE111>の購入はこのへんからw)↓アマゾンの。

http://www.amazon.co.jp/%E3%81%8D%E3%81%AE%E3%81%93%E3%82%8B-%E3%82%AD%E3%83%8E%E3%82%B3LOVE111-%E5%A0%80-%E5%8D%9A%E7%BE%8E/dp/4635330516

まだ幾つか古来の茸歌があるんですが、

今回はコレクションの中からこれを紹介。SP盤で<椎茸音頭>。

民謡とありますが、残念ながらまだ聴けてない上に歌詞カードもなく・・・。

昭和33年の8月に出たものだそうなので、戦後か・・・。

一昔前から各地にある地場産業・町おこし的な椎茸音頭とは

違うようで・・・(岩手の椎茸ロックンロールとかヤッツケ感が素敵。)

Rimg5499b

伴久美子さんという、<猫ふんじゃった>なんかで有名な

童謡の歌手さんが歌ってるようだ。

↓伴久美子さんの紹介(wiki等)

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%BC%B4%E4%B9%85%E7%BE%8E%E5%AD%90

http://www.aba.ne.jp/~takaichi/douyou/bankumi.html

聴いてみたい・・・。

Rimg5500b

今度、おしゃれ紅茸と同じ場所で視聴・デジタル化を試みる予定です♪

 

ネタをもう一点。

アンジー(ANGIE)という80年代に一世を風靡した・・・そうな、

(↑僕より上の世代の方々にはある程度認知があるらしい)

ロックバンドの曲に<特急キノコ列車>というのがあり・・・。

気になって調べてみたら、ユーチューブでヒット!

北海道の帯広市で活動中のTIMELESS☆NATCHというバンドが・・・。

これか!と、なんとも80年代風のイイ意味で古臭いキノコソング。

『♪特急!特急! きのこ列車(カー)!! おいらの心に生えたんだろ~』

なかなかのキノコ歌に、カヴァーかなぁと思ってたんやけど。。。

アンジーの特急キノコ列車のLPを入手してビックリ。

(↓ジャケット。何とも凄い時代感漂うファッション。イラストは鳥獣戯画か。)

Rimg5496b

Rimg5497b

・・・あら?歌詞が違う(=д=;)

Rimg5498b

・・・どうやらとてもよく似たタイトルの違う歌のようだw

きのことキノコ!茸なロックが二曲になった♪

今度、ギャラリーきのこでLP盤の視聴をしてみるので、

どんな曲か、がぜん楽しみになってまいりました♪

 

最後にオマケ・・・でもないぐらい良~い味の最近のきのこ歌を。

東京は大田区出身のバクザンって方が歌ってる<きのこ>。

アコースティックでなかなかの味わいw

<蒲田温泉>って歌を作って話題になったそうな。(後半が蒲田温泉)

『♪きぃのこぉ~~のっこっこぉ~~だららぁ~~』w

きのこソウルが歌い上げられてます♪

 

こういうキノコ狩りもおもろいなぁ。。。

« 2010年7月 | トップページ | 2010年9月 »