2015年3月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

« 2010年10月 | トップページ | 2010年12月 »

2010年11月

2010年11月19日 (金)

【仝特報☆とよ田きのこさんの巡回展&オープニングパーティ開催♪仝】

17日から神戸のギャラリーきのこにて
菌友のとよ田きのこさんの巡回個展が
始まっています♪素敵なキノコった絵の数々、必見です♪
↓とよ田きのこさんのブログ
http://blog.livedoor.jp/toyo_toyo/archives/52596982.html
↓ギャラリーきのこのサテライトブログ
http://kobekinoko.exblog.jp/

で、とよ田さんのブログにもありますが、
来る21日にとよ田さんが神戸に来訪!
ギャラリーきのこにてオープニングパーティを催します☆
めくるめく愉しいキノコな宴になる事請け合いです♪

日時:11月21日(日)  18:00~
場所:ギャラリーきのこ(阪急・王子公園駅から徒歩8分ほど)

 とよ田キノ子さんを囲む個展オープニングパーティ

会費:1,500円(要予約)

キノコな猛者の方々、きのこに興味のある方々

未知なる素敵な世界に触れたい方は、

お申し合わせ・お問い合わせの上、どしどしお越し下さい♪

【仝東京きのこ行 -後編- 船堀・新信州?・きのこトーク♪仝】

武蔵五日市から東京区内に戻る途中、
行き先に迷いつつ決定☆毎度ながらの行き当たりばったりw

よし、ここだ♪と確信犯的に駅から近いトコを。
前に、菌友のとよ田きのこさんのブログで見つけた、
江戸川区の船堀グリーンロードへ♪
駅から迷い無く到着☆

Rimg8039b 

あんまりひっそりしすぎて探したけど、
ありましたありました♪きのこアート作品!

Rimg8040b 

椎茸的なものが絶妙な感じにのっかってるw

Rimg8041b

Rimg8042b 

いいねぇ~~渋いテカリだ。曇天で夕方なんでまた一団と鈍くw

Rimg8044b

Rimg8045b 

ふぅむ、なるほどw

Rimg8046b 

裏に溜まった枯れ葉と雨もいいw

こっちは茸では無さそうだが、おもろいのでw

Rimg8047b 

メタリックな石玉が幾つか。
ピーマンの断面的なものもw

Rimg8048b 


そしてコレ♪きのこ三本柱?

Rimg8051b 
 

Rimg8049b Rimg8059b

鎮座まします栽培エノキ茸w栽培品てあたりに意図を感じる?

 

Rimg8050b Rimg8056b

あふれ崩れ出るナメコ的なもの。これ気に入った♪

Rimg8057b Rimg8061b

ずももも~~んといった感じか。

 
これもイイ☆

Rimg8052b
収まりきれない椎茸ボックスw
乗っかりきれてない蓋の角度が絶妙だw素晴らしい。
この三つのオブジェほしいなぁ♪

さっきのシルバーの玉もマッシュルームに見えてきたw

Rimg8065b 

ほどほどに街角の茸アートで遊んだので急ぎ足で次の場所へ。


晩飯が食いたい。しかし大人気のレストランマッシュルームは
予約まったく取れないし、前回行った雲南料理の御膳房もいいが・・・
っということで、新しい店を開拓☆

・・・キター♪このカンバン☆

Rimg8066b

<ニュー信州>!!茸の香りが濃厚に漂う名前w
尚且つ、庶民的雰囲気がたまらないw
しかし、渋谷駅から徒歩1分という凄い場所w
本日のおすすめ・・・ふふふ。

Rimg8067b 

目論みどおり☆天然きのこ入荷!
(松茸・舞茸・畑占地・楢茸他w)
なめことナラタケの表記も踊る。海鮮もあるようだが。

さっそく店内へ。地元のサラリーマン達の中で浮き立つ茸マニア。
昔の男前風の大将と挨拶をしつつメニューちらり。

Rimg8070b

畑占地天ぷら・・・天然鱒茸フライ!
天然焼きナメコ・・・きたっ。きたきたきたっ♪

大将に茸愛好家である事を話すとほどなく打ち解け♪
ビールと天然茸の天ぷら盛り合わせと、

Rimg8068b 

マスタケのフライを注文♪マスタケが食える店があるとは。

Rimg8069b 

天然舞茸やらドッチャリ持った天ぷらは塩で。
たまらない贅沢だ・・・マスタケのフライは♪
サクッとササミ的な食感と優しい旨み。

Rimg8071b 

カウンターには少し品切れ感の漂う天然ナメコと豆腐。

Rimg8074b

大将に聞くと、岩手から取り寄せてるらしい。
もうすぐギンダケも入るとのこと(シモフリシメジかな?)
関西の茸狩りの近況など、天然きのこのトーク満点。
写真を撮っていると、「もっと盛ってる普段の姿を」と
演出が入るw
どーんと冷凍のマスタケが出てきた♪

Rimg8075b 

素晴らしい・・・
ナメコ・舞茸・・・w

Rimg8078b
大将達との愉しいきのこの話を切り上げて、

お勘定を済ませていると・・・ 「そうだ、これ持っていきな。」とw
どーんと頂いたのは・・・さっき盛られたマスタケの塊w
「きのこ知ってる人が来てくれたの嬉しいからさ」とのこと。
ふとっぱら!感謝しきりにズッシリ重くなった紙袋を持って渋谷を後に。

ギリギリで会場に到着。

会場の知り合いと挨拶をしていると、
「ココ、開いてるよ」と菌友より声が。
満席なのに、客席の最前列ど真ん中が開いてるw
ちょっと気が引けつつも、座る。茸濃度が濃い面々。
↓堀さんと飯沢さんを待つ椅子たち。

Rimg8079b 

見覚えのあるグッズがちらほら並ぶ☆

Rimg8080b 


飯沢さんが入ってくるなり僕に気づき
「おっようこそ。って、ど真ん中か」とツッコミ。
さてさて始まった茸トーク☆
案の定、登壇者のきのこ熱とともに話の濃度も上昇w
きのこカルチャー、文学に果てはキノコ人類学的なところまで。
けっこうお客さんが置いてけぼりくらってそうな・・・w

マタンゴの話でもりあがったり・・・。
飯沢さんの茸愛好の契機になった本・MOOKきのこの話で、
うちのマタンゴな師匠の話もw確かにあんな怪しいオッs(削除)
(ゴホンゴホン)・・・他に類を見ないかも。

飯沢さんが僕の事も少し紹介してくださった(茸愛好家・茸物収集家と)

 

次第に堀さんのトークもヒートアップw
独特の持ち味で<侵略円盤キノコンガ>の話に。
金字塔のような名著で、一説を堀さんの熱感とともに
語られつつトークも終了。

何かとブレイク中(?)の堀さんに更に変な大アタリしないようにと、

都民の森で入手したての本を渡し。↓

Rimg8092b

↑こんなオフィシャルな本を出さねばならないほどとは・・・w

菌友らと話したり、偶然にも同じキノコグッズを携行していた
アートなお嬢さんたちと挨拶がてら話たり。
質問コーナーであった話に補足をつけさせていただいたりも。

サイン攻めにあう二人に挨拶もそこそこに帰らねばならない時間に。

・・・駅の乗り換えや工事しまくりの東京駅で軽く迷いかけつつ、
全力疾走でギリギリ夜行バスに間に合った。。。
さすがに14キロぐらいの荷物かついでのダッシュは
草臥れ倒し・・・そのままどっぷりの夢の中。
目が覚めると大阪に着いていた。

我ながら強烈な一日だったなぁ・・・。

« 2010年10月 | トップページ | 2010年12月 »