2015年3月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

« 2011年5月 | トップページ | 2011年7月 »

2011年6月

2011年6月26日 (日)

【仝グッときのこ遊戯☆ カサテラス♪仝】

休日、のっそりと昼過ぎに家を出て西へ東へ野山をぶらぶら・・・。

早番の帰りにもぶらぶら・・・山近い神戸で働く者の特権とばかりに♪

そんなキノコ散策を日々していると、帰りはとっぷり日も暮れてくる。

日暮れの林間は暗く、キノコ撮影にはライトが必要になるので、

色々なライトを使い勝手をみつつ選択。

 

そんなこんながあり、20日の雨中でのキノコ散策にて・・・。

Rimg2607b

綺麗な赤山茸があったので、雨傘をさしつつヒダをライトアップしていてふと・・・。

以前、谷間に差し込んだ正午の陽射しで、

ウラベニガサの襞を透かして撮ってみたところ、

傘が透けて綺麗だったなぁ・・・と思い出し。

手持ちのライトで笠を照らして下から撮ってみました♪

 まずは携帯でお試し。

110620_120503

ほーー☆なにやら面白い☆赤山茸の滑りと肉質が光りを受け通してる♪

110620_120601 110620_120602

傘をライトで照らしているのに、傘自体が光りを発してるような感じだ。

コンデジでも撮ってみる♪

Rimg2611b

おもろいなぁ。光りの当て方によってかなり表情が違う。

Rimg2612b

ガラス細工のランプのような質感。

愉しげな遊びに気づいて、翌日もとっぷりと日の暮れた谷あいで・・・。

Rimg9264b

なかなかスラッとした天狗茸ちゃんが居たので・・・また♪

蚊にたかられつつ、蟻によじ登られつつライトをゴソゴソw

まずは携帯でカシャカシャ。

110621_191502

おおっ♪これはいけそう・・・。天狗の特徴、壷を露出させて。

110621_191601 110621_191602

ほーーーw光りの加減が難しいけど、なかなか・・・。

傘を照らしてるのに、傘が照らしてるようなフンイキ。

110621_191701

うはっ眩しいw キノコ虫も居るけど、これはこれでいいねw

110621_191702

周りの草木や枯葉にも照りがついて面白い。

コンデジでもがっつりと♪

Rimg9265b Rimg9266b

うーん、素敵だ♪神々しさすら加味された感じ。

キノコの肉質やら特徴によって、光りの漏れ方が違って面白い。

Rimg9267b

例によって、眩しすぎバージョンもw

Rimg9271b

明る~~い♪街灯みたいだ。

Rimg9272b

すっかり味をしめたので、今もどんどん撮って遊んでいます。

キノコ散策の落ち着きの無さには定評があるので(?)

モデル選びには困りません♪多種多様なキノコのシロも頭に入ってるし。

この遊び、なんて名前付けようかと思ったけどシンプルに・・・

「カサテラス」☆これでいこう♪傘を照らして傘が照らす。キノコ間接照明?

太陽に照らされた月のような表情が作れないかなとど、誇大妄想気味に遊び中♪

2011年6月14日 (火)

【仝グッときのこ☆ 六月、大菌曜日・灯す夜。仝】

散策の最後に駄目元で足を伸ばして山道を突き抜ける。

あちらで出始めならこっちはまだ早いか・・・去年も月末ぐらいだったしな。

・・・等と頭をめぐらせていると・・・!!

Rimg2090

出ている!!??

110603_155001

何だか大きいような・・・そして妙にしっかりしてる。

110603_155002

もしかして違うのか・・・いや、でも・・・と手持ちの黒タオルで、

暗幕風に覆って撮ってみる。

Rimg2105_2

Rimg2108  

・・・ほ、ほぉぉぉぉぉΣ(=д=)間違いない!!

大慌てで大菌友に連絡をとる。仕事中だそうだが、夜はあいてるとのこと。

一度下山して、ギャラリーきのこにてロシアやヴェネツィアへ行って来た仲間が、

スライドショー形式で話してくれるというので遅れ気味に参加。

今年、王立エジンバラ植物園で催された素晴らしいキノコ展のレポートも。

流石に素晴らしい・・・学術的・食文化・芸術等々向こうのキノコ愛が伝わる内容。

また写真もらおうかな。。。ワインや日本酒を頂きつつ軽い晩飯もちろんキノコモリモリ。

 ・・・そして大菌友の兄さんの車と合流・出撃。

現地に到着するなりまだ暗さに目も慣れぬうちから・・・声を失う。

Rimg2124

おぉぉ・・・まだ目が暗さに慣れてないのに、くっきり見える☆

Rimg2128

仲間と声を失ったり唸ったり。

Rimg2130

美しい。そして今まで見たシイノトモシビタケの中で段違いに明るい!

やっぱりシーズン最初の出始め達の勢いは素晴らしい☆

Rimg2135

一際大きな子ギリギリ感も漂わせながらも明るく光る。

ヒダの仕上がりが素晴らしかったがごらんの通りブレタw

Rimg2142

傘の一部にヒビがあるのがわかる。内側の方が明るいからだ♪

Rimg2143

じっくりと腰をすえて慣れた手つきで撮る菌友。

プロのカメラマンさんやから当たり前なんやけど、

邪魔しないよーなテイでパシャパシャと。

Rimg2149

たまらんなぁ・・・。

Rimg2155

↑このスタイルのいい4人組が好みやったが、

うまく写せず。。。残念w

Rimg2159

この株↑ばっかり撮ってる気がするので、

ヒダにも目をやってなんとか・・・。  

Rimg2162

美しい明かりに照らされて、テンション上がり過ぎ・・・

やっぱりこんな仕上がりになってしまったw

腰をすえて再挑戦したいとこだ。

Rimg2166

機会があれば・・・ってことやけどねw

あれから二週間たつが、あれだけの状態にはなってないようだ。

弱ったり食べられたりカビたり雨に打たれたり・・・この時期やもんなぁ。

Rimg2169

キノコの神さん仏さん・・・今期中にもう一度、チャンスを♪

たのんます~~~仝(=人=)仝

<おまけ?>

 携帯電話のカメラでも・・・☆ 

 110603_222001

なんとか写ったので調子にのって・・・♪

110603_224001 110603_224101

しょっぱいカメラなのに、思いの外それらしく撮れた♪

110603_224201

夜景モードで撮れる明るさがすごいのか。

 

【仝グッときのこ☆ 六月、大菌曜日に。仝】

六月三日の菌曜日。

本来なら、熊野のお知り合いらと新宮で合流して、

頼もしき案内人さんとシイノトモシビタケの自生地へ向かう・・・

・・・つもりだったのだけれども、翌日に半日仕事が入ってしまい断念。

ならばと、大菌曜日と銘をうち、どっぷりと野山へ・・・。

到着するなり、黄や赤の帽子を被った小さな怪z・・・じゃなかった、

妖精たちの大軍団が列をなす。・・・小学校(低学年)の遠足か(==;)

少子化がウソだと思えるぐらいの大賑わい。分隊されてるからか途切れ無し。

しばらくもみくちゃになりつつ進む。

 

「あっ!きのこのせんせぇ~!」お子様特有の枯れ声がかかり・・・。

・・・顔を覚えてないけど、生物クラブに来てた子かな・・・。

本職の(?)先生とも少し話して離脱w ここで顔がさすとは。

 

気をとりなおして、キノコを探す・・・小さなイグチちゃんが顔を出してる♪

Rimg2021

小さいがしっかりとしたイグチちゃん。名前は絞らずw

もう少しで茸達が賑やかなところなので、

房姫箒茸等の定番の顔ぶれを眺めつつ、

登りの足を早めていると・・・。

Rimg2025

どーん☆ アマニ~タ♪・・・天狗ちゃん!!

ちょっと雨と虫食いでボロッときてるけど、

存在感が素晴らしい☆天狗茸だ。

Rimg2023

いきなりの大物登場にテンションが急上昇!

これは先が愉しみだと逸る逸る。

これもまた美しい表情・・・赤狐傘(アカキツネガサ)が

ちょこんと顔を出している。これから賑やかになる子だ。

Rimg2030 Rimg2032

こちらも大好きな初夏の顔♪橙傘(ダイダイガサ)ちゃん。

Rimg2034

南方系の茸らしく、なんとも愛嬌たっぷりのイガグリ頭。

大蓬莱茸(オオホウライタケ)や雲母茸(キララタケ)も顔を出し始めたようだ。

 Rimg2046_2 Rimg2047

ん、このフリルの傘は・・・血潮茸(チシオタケ)かな?少し褪せぎみ。

Rimg2048

傘の模様がオシャレな赤初(アカハツ)や大好物の網茸(アミタケ)も♪

Rimg2050 Rimg2052

アミタケはけっこうな賑わいだけど、茸食の大先輩方(虫たちw)が

すごい勢いでお召し上がり中w

Rimg2056 Rimg2058

こちらも可愛い定番の顔ぶれ、犬千本茸(イヌセンボンタケ)の大賑わい、 

松ちゃん(松旺子:マツオウジ)もにょきにょきと♪

 

おっとこれは♪臼茸(ウスタケ)!

Rimg2062 Rimg2064

仲良しの樅の木の周りで賑やかに・・・内側の遊んだ赤、

表の皺や根元の黄色が個性的♪

↓白いベニタケの仲間も顔を出している、お名前が出ないがw 

Rimg2075 Rimg2076

クリーム色のヒダが美しい。 

 

後ろからブーンと羽音がして「トンッ」と何かぶつかってきた。

きのこ散策のマスコット・センチコガネ君かなと思ったら・・・細っ。

Rimg2078

このフォルム、首を曲げた死んだフリwコメツキムシの類かw

案の定持ち上げたら「ペチッ」と体を折り返して跳ねた。懐かしい。

 

おぉぉ・・・これはまた立派な顔が出たw紫風船茸(ムラサキフウセンタケ)

Rimg2082 Rimg2084

 絹光沢のかすりの柄、石のような質感の紫の傘と美しいヒダ。

これから賑やかになるんだろうなぁ・・・おなか一杯にw

 

とある、「駄目元の確認と発見」を終えたあと、ひとまず帰路に。

どーんと圧倒的な存在感で、黒初(クロハツ)のご老体。。。

Rimg2110b Rimg2112

案の定、クロハツ達専門でご厄介してる子w

櫓茸(ヤグラタケ)ちゃんが傘の上から顔を出してる♪

Rimg2113

キノコの上から生えるキノコ、キャラたってるねぇ。

古くなったクロハツの匂いとは別に、ヤグラタケは科学的なツンとくる匂いあり。

担子菌のクロハツに担子菌のヤグラタケが乗ってるんやけど、

子嚢菌のツチダンゴから子嚢菌のタンポタケが生える例とかもあって面白い。

 

んん、この無骨な子は・・・松系が好きなシメジ君なんだろうけども、

名前わからず・・・。

Rimg2115 Rimg2116

帰りの道は、今年大豊作のカンゾウタケ君がベローんと賑やか。

Rimg2117

さすが、キノコ界のジーン・シモンズ♪見事な舌出し☆

↓やけに立派なダイダイガサもいた。今日は一際賑やかな子たちだ。

Rimg2118 Rimg2122

こういう開ききった顔もたまらない☆ヒダの白さが際立つ。

 

ひとまず下山して、ギャラリーきのこへ♪

今日はロシアやヴェネツィアに長期滞在していた仲間の報告会。

今年、王立エジンバラ植物園で行われたキノコ展の模様も報告してくれるそうで愉しみ☆

<後半の日記へ続く>

 

 

2011年6月 5日 (日)

【仝菌神社~例大祭へ♪~仝】

  5月4日のキノコフェスの余熱も覚めやらぬまま、

5月5日の朝・・・家を飛び出て一路、滋賀へ♪

茸愛好家としては一度は参加したいと思っていたが、

ついぞ叶っていなかった・・・菌(くさびら)神社の例大祭へ♪

初詣出は一昨年・昨年と行ったり、五月にも行っているけど・・・↓

http://myco-radical.way-nifty.com/kusabira/2010/02/post-c3a4.html

 全国でも稀有なキノコを祭った由緒ある神社。

何度も通った場所なので油断もあったのか、電車の乗り間違いをこいてしまって

遅れ気味に到着すると、菌盟友の堀さんと昨日キノコフェスで会った方二人が♪

堀さんはビデオカメラ片手に撮影中、僕もコンデジ片手にパシャパシャと。

祝詞が終わって、神楽が舞われているところだった。

境内には、氏子の方々が沢山集まっていて、

はっぴを着た子供達が賑やか♪地域に愛されるキノコの神さん。

子供用のみこしが三台も置いてあり・・・準備中。

Rimg1165b

手作り感溢れる<菌神社>の大団扇が♪

Rimg1166b

氏子のおっちゃんの太鼓を聴きつつ、本殿ではお神楽が舞われている。

Rimg1168b

脇では、ちゃくちゃくと何かが準備されてる。

Rimg1172b

子供達の賑わいが凄い☆

どうやら、湯立て神事が行われるらしい!

この湯を浴びたら無病息災に・・・菌神社だけに菌に強くなるとか?w

Rimg1173b

お神酒が注がれた湯を沸かせつつ・・・

Rimg1174b Rimg1178b

巫女のおばちゃんのお神楽炸裂☆

http://www.youtube.com/watch?v=9r-G2MSYNIQ&feature=related

↑Yutubeにアップ♪子供達は湯にかかろうと集まってるが・・・w

http://www.youtube.com/watch?v=WGiFFufVnWk

↑いざ始まると「わー」と逃げ惑いまくり・・・子供たち、この一騒ぎが目当てか♪

Rimg1186b Rimg1182b

パタパタパタパタ。ピンボケしまくりはご愛嬌w

カメラにも体にもたっぷり湯飛沫を頂きました♪

Rimg1187b

神事も終わって、堀さんらと集合。

堀さん愛用の今は亡き<ホテルきのこの森(旧・国際きのこ会館)>の

浴衣を解いて作ったバッグが素敵☆

Rimg1195b

 

主だった氏子さんへの祈祷も終わり・・・

Rimg1200b

これから子供神輿が町内を練り歩くというので同行。

Rimg1201b

細長い参道をずんずんと・・・

Rimg1202b 

この長い参道、途中でお知り合いになった氏子の生き字引的な方によると、

大昔からこんな長さだったそうだ・・・境内の表を流れる川の氾濫の事や、

菌神社の配置、天上川の工事など色々伺った。

Rimg1203b

道路に出て、氏子さんらが通行中の車へ合図しつつ横断。

Rimg1211b Rimg1212b

向こうの小学校に向かうらしい。小学校の境内には・・・

Rimg1208b

なんと、弁天さんが・・・水の神さんは大切。暴れ川があった地域ならなおさら。

さっきも書いたけど、氏子の生き字引さんと話し込むw

途中でトイレに行きたくなって離脱・・・戻る時に、

神社へいそいそと戻っている神主さんらを目撃・・・。

子供みこしはそこから住宅街をグルグルと・・・集会所に到着。

さっきカメラにちゃんと収められなかったので、

急いでおみこしを撮影♪

Rimg1215b

簡素なみこしとこのハデハデの神輿。

Rimg1222b

ココ↑をおさえなきゃね♪

キノコらしい装飾は無かったけど、これはちょっとキノコ風味w

Rimg1224b

 

このまま最後までついていくかどうか、と堀さんらと相談。

さっき見かけた神主さんの事もあるし、一度神社へ戻ってみる事に。

もしかしたらアレが拝見できるかも・・・(=д☆)

 

境内に戻ると、社殿でほろ酔いの氏子のおっちゃんら発見。

挨拶と来た経緯を話すと。。。以前、堀さんが取材をした際の事を

覚えておられた方が気さくに話しかけてくださった。

「ほんなら、これは食べて帰らんといかん」と・・・Σ(=д=)!!

Rimg1225b_2

で、出た!!菌神社で年に一度、例大祭の時に限られた氏子にのみ

振舞われるという・・・幻に近い<じゃこのなれずし>!!

菌なる神社らしい品だ☆ 一同歓喜♪♪堀さんはとりわけ大興奮w

話していて判明したのが、何か見覚えのあるこの気さくな氏子さん!

なんと、去年の正月に初詣に行った際に↓

http://myco-radical.way-nifty.com/kusabira/2010/02/post-c3a4.html

不審者丸出しの僕と名刺交換をして下さろうとして、

持ち合わせてなかったからと僕の名刺と交換に菌神社のお札を下さった方!

しっかり覚えておられて、話も弾む♪思いがけず、僕のブログネタの裏もとれたw

他の氏子さんが「このオッサンが一番のえらいさんやで」と冗談めかして言う。

どうやら副総代さんらしく。・・・で、じゃこのなれずしを振舞って頂いたが・・・。

Rimg1228b Rimg1232b

じゃことはワカサギの事か・・・なるほど。味は。。。(中略)

意外にもなれずし文化に親しんだ堀さんの口には合ったらしい。

副総代さんも「・・・やろ、昔はもっと凄かったんやけど、近年では浅めに発酵させとるんよ」

とのことw 普通の刺身などを召し上がられたあとのようで、

伝統もどんどんと・・・貴重なものを振舞って頂いた♪

おまけに、神事で使った湯で割ったお神酒まで!

氏子さんが境内の梅で漬けたという梅酒までご馳走になった♪♪

Rimg1227b_2

これ以上嬉しい振る舞い酒はない・・・ご飯部分をがっつり頂いて合掌。

「そんなんやったら、これも撮っとき」と

Rimg1234b

これで<じゃこのなれずし>漬けてるんだそうだ。

Rimg1235b_2

中にはまだたんまりと・・・じゃこのなれずしがw

更に「これもちゃんとお供えしたあとの酒やから」と、

缶ビールまで頂いた♪♪w(ア○ヒスーパードライw)

ばっちりと参拝も済ませ、氏子の方々とも改めて挨拶をして、お別れした。

 

晩春の陽気と素敵なお酒も頂いて散歩しながらの帰路。

本当に愉しかった・・・もう一箇所、寄りたいところが見つかったが

これはまた次回のお楽しみという事で・・・解散♪

« 2011年5月 | トップページ | 2011年7月 »