2015年3月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

« 【仝グッときのこ@回顧録 あの巨大キノコに逢う。仝】 | トップページ | 【春、その日の茸たちと。】 »

2012年3月10日 (土)

【仝 グッとキノコ遊戯 カサテラス、盛夏。 仝】

月のようにキノコが照らし照らされ、そんなイメージで

キノコに遊んでもらい、仕上がったのがカサテラス☆

この遊びをする際に守っているのは、

<キノコをいじらない>&<先客(?)は退出願わない>

<キノコから出た色はそのままに(加工しない)>終始、愛好家目線で。

不定期すぎるけど、しっかりと毎月どこかの野山で明かりを灯しております。

一回目の記事↓

http://myco-radical.way-nifty.com/kusabira/2011/06/post-d45f-1.html

二回目の記事・・・七月ぐらいまでの↓

http://myco-radical.way-nifty.com/kusabira/2011/10/post-f54f.html

そして今回は昨年八月あたりから・・・灯してまいります♪

野外に出る方は解るかと思いますが、この時期の外での撮影は、

お邪魔虫達との闘い・・・蚊がかわいく見えるぐらいの、

メマトイ(ブユ)の目への猛攻と戦いながら・・・。

八月二日、何時もの散策ルートで見かけた竹林のドクツルタケ♪

Rimg2916b


毒性が強調されがちだが、見れば見るほど美しい茸だ・・・さて灯そうか。

Rimg2918b


ポッ☆ちょっと強めに。

Rimg2919b
全体的に明るく・・・照らされた青い竹も愉しみたいところ。

Rimg2920b

このぐらいでどうだろう・・・少し仄暗く。

実はアリ達がガジガジ齧ってたのでこんなヒダにw

柄の上部に根性のあるアリ君がまだ居てます。

Rimg2921b

このぐらいも良いかな・・・あとは、ちょっと遊びで↓

Rimg2922b


光りすぎ♪柄にいるアリ君もびっくり?

結局この辺で落着。

Rimg2925b_2

少し明るく。照る青竹、明るい足元。

八月四日、見つけたツルタケをどうにか・・・と思ったが、

明るいのもあり、うまくいかず。

Rimg2974b

傘だけピックアップしてみた♪

淡く光り、ヒダの縁の凹凸が見える。

八月十五日に出会った、ネナガノヒトヨタケ。

Rimg3186bRimg3187b_4

一夜にして溶けてしまうという儚い茸。胞子の色が暗く・・・カサテラスは・・・。

傘もけっこう光を弾くのもあり、一夜茸は難しい・・・が。

Rimg3189bRimg3190b_3

ん、光が中央から抜けた!飛騨は暗いが黄色と緑の間のように。

オリーブ色?こうなるか~~面白いなぁ。

Rimg3197b_3

 
八月二十日、小雨の中を歩いていると、

ザラエノハラタケ(ザラ柄原茸)を発見。

ハラタケ系はヒダがピンク系・・・さて、どうなるかな・・・?まずは携帯で。

110820_170301

光に赤みが出た♪ではカメラを換えて・・・。

Rimg3327b_2Rimg3333b_2

濡れた質感とあいまってなかなか面白い。密度の高いヒダ、ツバのフリル感も♪

Rimg3336b

暖色系の明かりが柄やツバに出ていて面白い。

 

八月二十四日、近所の公園で見かけた、

コガネキヌカラカサタケ(黄金絹唐笠茸)をカサテラス☆

芝生に生えたので芝はそのままに・・・茸自体が乾いてきているのもあり、

Rimg3368b

おぉ♪ヒダの皺や乾いて和紙風になった肉質が光を受けていいね。

Rimg3364b

草むらに飛来したUFOか何かにも見えなくも無いw

 

八月二十六日、カエンタケに遊んでもらった帰り道。

Rimg3415b

大蓬莱茸(オオホウライタケ)を見かけてカサテラス☆

特有の薄く強靭な体にとても粗いヒダ・・・。

Rimg3417b


おおっ♪イイ具合に光を受けてホワッと。

Rimg3420b
明かりが灯る感じでやはり、この肉質はいい。

Rimg3421b

ちょっと、あざとい幹事もあるけど、これはこれでヨシ。

八月三十日・・・夏も終わりが近い。仕事の帰りに寄った参道で、

壁面に生えた狐唐笠(キツネノカラカサ)発見♪

Rimg3463b

携帯で撮って見ると、白くスラッとしたヒダ美人♪

110830_181101

ちょっとアザトイ感じもするけど、これは面白い。

Rimg3466b_2

明るめに・・・こういう部屋の照明が欲しいなぁ、とか思う仕上がり。

Rimg3467b

真夏の暑さを忘れるような静けさが漂う。

そして↓やっぱりちょっとお遊び・・・光りすぎ♪

Rimg3469b

結局↓こんな感じで落ち着きました。

Rimg3470b

夏らしく、同じカラカサタケの仲間が賑わっていてモデルには困らない。

この傘の開く前の子が特に気にって、携帯でまずトライ。

110830_181801

日の暮れた空に、淡く金色に輝くヒダが波打っている。
110830_181802
月面のような輝きとヒダの美しさ。虫達もこの時期賑やかだ。

さて、コンデジでも・・・。

Rimg3478b

光の加減が難しい・・・。

Rimg3476b

この辺で落着。柄の上部には常連さんのアリ君達が♪

更に倒木のあたりにはキツネノカラカサの仲間が幾つか。

Rimg3481b

うん、楚々とした明るさだ。落ち着いてるなぁ・・・。

↓定番になりつつある、光りすぎシリーズw

Rimg3484b
向こうの仲間が「Σ(=д=)ひ、光すぎやっ!」ってつっこんでるよう。
・・・で、結局この辺で落ち着きました。

Rimg3486b

青みが出る事もわかり・・・面白い♪

さてさて、八月も終わりの三十一日。

出先の帰りに京都の山へ。とっぷり日も暮れつつある。

朽木から生えた、動きの表情を湛えた子を見つける。

クサノミシカタケ(臭身鹿茸)かな、何かニワトコ臭い気が。

Rimg3526b

香りに誘われたのか、羽虫がヒダに・・・そのままね。

携帯↓の感触も良いのでそのままに。

110831_181601_2

110831_181602
コンデジでもトライ。

Rimg3530b


本体の明るさを大事にしてみたり、背景にあるものが浮かんだ感じも。

Rimg3528b
捩れてしまってるのも、こういう味が出てよろしいね。

 

以上、盛夏に灯した茸たちでした♪

・・・しかし、暑かったなぁ・・・お邪魔虫にも参ったw


« 【仝グッときのこ@回顧録 あの巨大キノコに逢う。仝】 | トップページ | 【春、その日の茸たちと。】 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/551102/54190811

この記事へのトラックバック一覧です: 【仝 グッとキノコ遊戯 カサテラス、盛夏。 仝】:

« 【仝グッときのこ@回顧録 あの巨大キノコに逢う。仝】 | トップページ | 【春、その日の茸たちと。】 »