2015年3月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

« 【仝 グッときのこ探訪@春の回顧録 椿井の茸鬼瓦 全】 | トップページ | 【仝 鳥取のきのこ探訪 大きのこ展へ -前編- 全】 »

2012年6月21日 (木)

【仝 グッときのこ♪ 春のキノコ回顧録 その1 全】

初夏からのキノコのお祭り騒ぎで我を失いつつあるので、

忘れないうちに春のキノコ達を日を追って巡っていきます♪

勿論、春キノコの代表格・アミガサタケ達が主役!三月に入って、

探りさぐり・・・↓こんな感じで。

http://myco-radical.way-nifty.com/kusabira/2012/03/post-7371.html

http://myco-radical.way-nifty.com/kusabira/2012/03/post-d8e5.html

3月19日、兵庫の久し振りの場所へ。そろそろあの子が出ているはず。

目的地に到着して、目当ての・・・竹林と椿のあたりへ。

この季節、椿の下となるとツバキキンカクチャワンタケあたりが主だけど、

ここはまた違った顔が出る。・・・居た居た。

Rimg2373bRimg2374b_3

暗い椿の下で見ると、肉眼的には黒く、湿った老菌にすら見える。

Rimg2372b_3

明かりを当ててやっと、青みを帯びているとわかる♪

ヒダを見るとドキッとする淡いベージュで粗い。柄は墨で染めたよう。

Rimg2375b_2Rimg2376b_3

夏ならいざしらず、しばらく青系のキノコを見慣れていないと面食らう。

ライトを当ててもう一度、さっきの子らを撮ると・・・。

Rimg2382bRimg2384b_2
紺色だ♪最初戸惑って、他の茸の仲間だと思ってしまったりしたけど、

菌友たちから教えてもらい、やはりイッポンシメジの仲間だろうと結論。

Rimg2388b

キノコの少ない時期を経て春先にこの色を見るのは刺激が強いです。

ほどなく、異形と猛毒でしられたシャグマアミガサタケが顔を出す。

http://myco-radical.way-nifty.com/kusabira/2012/04/post-93f4.html

↑今年のシャグマの記事。

四月が近づくにつれてトガリ系アミガサの勢いが増してきて・・・

Rimg2489bRimg2487b_2

こんなたまらない表情をした子たちがポコポコと。

Rimg2491b_2Rimg2513b

モデル選びにも困りません♪目移りするけど・・・w

Rimg2521b_2Rimg2522b

立派過ぎる姿もw

Rimg2599b

シャグマアミガサたちも、お育ちあそばしてテッカテカ。

Rimg2718b_4Rimg2720b

ツヤはあるものの色みが暗いのでライトを当てて撮ってます。

Rimg2723b

よくこんなトコに・・・って荒地風のトコロが好きなのかな?

Rimg2726bRimg2730b

風景を込みで撮り納めてこの日は下山した。

 

実は今年、神戸方面の春キノコ達は乱調気味。

なかなか姿を見せてくれなかったけど、ようやく・・・。

Rimg2739b

立派に黒々した顔が育ち始めた。

Rimg2742b

禍々しさすら漂うお姿。これはいけるかも・・・?と、

カサテラスを試す。難しい・・・が面白い事が判明。

Rimg2745bRimg2749b

中の空洞もあいまって行灯のように光が中で反射・透過して、

肉の地の黄色が出た。

四月に入るとチャアミガサと呼んでいるグループが出始めた。
Rimg2906bRimg2907b
まだ数は少ないが黄色みが強く、網目の色味も逆だ。

網目の周りでは蜘蛛の赤ちゃんがウロウロ。エサの虫でも居るのかな?

Rimg2930b
こちらも春のキノコ↓ツバキキンカクチャワンタケも賑やかに。

Rimg2931b
 

四月も初旬を過ぎ、実家の和歌山へアミガサタケ探しへ♪

Rimg2939bRimg2947b

ブラックモレル、黒系のアミガサたちがしっかり顔を出してくれていた。
Rimg2949b

小ネタに収集ブツの木彫りアミガサとツーショット♪
イエローモレル、黄色系のアミガサのシロに向かうと、

やけに色の白い子らが顔を出していてドキッ。

Rimg2952b

また違った美しさだ・・・。

Rimg2955b

Rimg2958b

Rimg3022bRimg3024b

白いアミガサ達の次はこの子ら・・・シャグマアミガサタケ!
いつになく賑やかで立派な顔が迎えてくれる。

Rimg3008b
シワシワの頭がポコポコと・・・たまらんね♪

Rimg3013b
素敵なポイントだ。うちの持ち山の端なので、大事にせねば・・・。

Rimg3014b
帰りがけに、黒系アミガサ達の所に寄って・・・カサテラス敢行☆

Rimg2968b_2Rimg2970b
おお~~~やはり面白い☆ダークファンタジーって感じか。

Rimg2973b

加減によっては柄まで光を通せなくもない。

勿論、傷つけない・動かさないって自分ルールを守りつつ。

Rimg2976b_2
暗くなってきて、ますます愉しくなってきた。

Rimg2980b_3
うん、このぐらいの暗さもよいなぁ。
普段は軽い腰もこの時ばかりは少し据わって、

納得の仕上がりになった♪

Rimg2982b

おなか一杯遊んでもらえた・・・。

Rimg2984b

 

四月も半ばに近づくと、桜も散り始めてアミガサ達が着飾る季節♪

Rimg3047bRimg3055b
神戸のゲレンデの黒々としたトガリ達も艶やかに。

Rimg3049b
終わりの近づくトガリたちと、このキノコの顔。

Rimg3066bRimg3067b

ハルハラタケと呼ばれる春限定のハラタケたち。

いつもは賑やかだけど、今年は少し控え目だ。

ほどなく真打・ザ・アミガサタケの登場。

Rimg3074b

↑この丸みを帯びた黄色い顔♪
 

四月も中旬を過ぎ、トガリアミガサたちとはそろそろか。

Rimg3088b

足は、チャアミガサタケ達のところへ。

Rimg3096bRimg3098b

・・・素晴らしいチャアミガサの幼い顔が沢山!大当たりだ♪

Rimg3111b

この佇まい、たまりません・・・コケマッシュ☆

Rimg3118b
こんなに賑やかな一角も・・・草や苔と。

Rimg3120b

物憂げな顔を角に寄せてみたり。

 

こちらも遅れがちに思われたが、しっかりと顔を出し始めた。

ハルシメジたち♪狭義にはウメハルシメジというらしい。

Rimg3129b

金色の美しい姿がポコポコと。

Rimg3132b

沢山採れて味も良いので人気の高いキノコだ。

この一部ポイントでは、タイミングさえ合えば、

アミガサタケとのツーショットも拝める・・・今まで一度しかないが。

Rimg3137b

バラ科の植物の好きな連中なのでw

こっちの白っぽいアミガサタケたちも可愛い。

Rimg3143b
やはりアミガサタケ達は他のキノコが嫌う環境を、

選んで生えてるんだなぁと、しみじみ思う仲間たちだ。

Rimg3141b
肥えた土壌なのか、美しいヒトヨタケたちも大賑わい。

Rimg3139b

自らを溶かす戦略を勝ち取った、

キノコの中でも一際好みの子たちだ。

 

こっちのチャアミガサたちは石階段の隙間から♪

Rimg3168b

ピョコッ。誰かが置いたんじゃないかというぐらいの仕上がり。

Rimg3170b
スキマの好きな子たちだなぁ。

春も後半にさしかかって、大型アミガサタケ達がちらほら。

Rimg3190b
風格抜群。オオトガリアミガサといえばよいのかな。

さっきのシロ系のアミガサも成長中。

Rimg3194b
少し赤錆びたような変色もみられる。

Rimg3197b
ヒトヨタケたちも愛らしい姿が沢山。たまりません♪

Rimg3198b

さて、四月も下旬にさしかかり・・・あのチャアミ達に逢いに行く。

春の時雨、花散らしも頂いて・・・

Rimg3207b

これはこれは・・・♪♪♪

Rimg3210b
・・・低く唸ってしまったほど、美しい。

Rimg3211b
↓あのもの憂げな子も成長中♪

Rimg3212b
大賑わいの一角も。

Rimg3215b
呆然としつつ・・・。

Rimg3224b

この子たちを見守りながら四月の下旬をくだり。。。

 

« 【仝 グッときのこ探訪@春の回顧録 椿井の茸鬼瓦 全】 | トップページ | 【仝 鳥取のきのこ探訪 大きのこ展へ -前編- 全】 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/551102/55018497

この記事へのトラックバック一覧です: 【仝 グッときのこ♪ 春のキノコ回顧録 その1 全】:

« 【仝 グッときのこ探訪@春の回顧録 椿井の茸鬼瓦 全】 | トップページ | 【仝 鳥取のきのこ探訪 大きのこ展へ -前編- 全】 »