2015年3月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

« 【全 グッときのこ物☆ キノコなオカネ♪ 仝】 | トップページ | 【仝グッときのこ遊戯♪ きのこねこ。 仝】 »

2013年1月 6日 (日)

【 菌賀新年 平成二十五年、巳年始まる。】

【仝全仝 菌賀新年 仝全仝】

遅ればせながら、新年明けましておめでとうございます。

本年もどうぞよろしくお願いいたします。

 

長らく使われてきた菌友・先輩方の年始の挨拶、

菌我新年・菌我信念・・・等々皆さんそれぞれ。

僕も去年、菌臥新年と・・・

http://myco-radical.way-nifty.com/kusabira/2012/01/post-1f70.html

今年は原点に帰る気持ちで、菌賀新年としました♪

 

相変わらずブログの更新が追いつかないほど

野山でキノコと戯れております(その模様は概ね、ツイッターへの呟き中心に・・・)

 年末にはキノコ納めと、毎年恒例の京都の菌塚参りへ。

Rimg3632b

アラゲキクラゲを眺めていると、美しく仕上がった鬼灯が落ちており、

しばし見とれ、近くのエノキタケ等も眺めて菌塚へ。

(菌塚についてはこちを→http://www11.ocn.ne.jp/~kinzuka/)

今年も一年遊んでくれたキノコ(菌類)たちに感謝の気持ちをこめて。

Rimg3640b

菌塚裏の碑文には

『人類生存に大きく貢献し 犠牲となれる 

無数億の菌の霊に対し至心に恭敬して 

茲に供養のじんを捧ぐるものなり 

曼殊院門跡 第四十世 大僧正  圓道 筆

 菌塚題字 坂口謹一郎先生筆』

Rimg3641b

 再度、手を合わせて菌塚参りを終えました。

 

さて毎年、暮れには年賀状でどうキノコをとネタの思案を。。。

ヘビキノコモドキや、へびきのこ(スッポンタケやキヌガサタケの古名)

はては、変形菌のヘビヌカホコリまで巡らせつつネタに困り調べていると、

日本の古い書物から蛇と茸にまつわる話がちらほらと・・・。

http://www.geocities.jp/hesoraku/main/bakemono2/shokubutsu_kinoko.html

死んだ蛇から滴り落ちたもので光るキノコが生えたとか!

(・・・ツキヨタケが少し頭を過りつつ。)

中でも目を引いたのが、江戸時代の加賀藩士、

森田盛昌が書いた『咄随筆』の中に「蛇茸となる」という話が。

http://home.att.ne.jp/red/sronin/_koten/0352hebikino.htm

キノコ狩りに出かけたら、大蛇が出てそれをガマガエルが枯葉をかけて

キノコにしてしまい、食べて去る・・・不思議で面白い。

この話をどうにか絵に出来ないかとツイッターで呟いていると、

菌友のヒグチユウコさんが興味を示して下さり、

スケッチブックにさらさらっとイメージを。

AxfffzcaaeneneAz16l5ciaatq3e

さすがだ・・・素敵なイメージ♪

どうにか絵に出来ないかと思ったのだけど、

下描きが凄過ぎて僕の手には余り(==;)

Az1tekccammjnz

この絵を筆ペンでなぞる事にw

Rimg3622b

足りないふちの部分は少し足して・・・(これぞまさに蛇足?w)

粗くなったこともあり、切手サイズにして

年賀はがきの差出人の面に貼る事に♪

121225_005501

少し着色するか、ハンコっぽくしてもよかったかなぁ。

裏面には収集品から蛇と茸にまつわるものを探し出し。

猿(去るの意も)が抱えた茸と、そこから出た蛇の根付けを♪

Rimg3614b

Rimg3618b

同じく収集品から霊芝(マンネンタケ)紋様の西陣織を。

なんとなくめでたい感じの仕上がりになったかな。

Rimg3705b

こーんな感じになりました♪

« 【全 グッときのこ物☆ キノコなオカネ♪ 仝】 | トップページ | 【仝グッときのこ遊戯♪ きのこねこ。 仝】 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/551102/56480845

この記事へのトラックバック一覧です: 【 菌賀新年 平成二十五年、巳年始まる。】:

« 【全 グッときのこ物☆ キノコなオカネ♪ 仝】 | トップページ | 【仝グッときのこ遊戯♪ きのこねこ。 仝】 »