上物な赤山鳥茸一本、
虫食いの少ない山鳥茸擬三本、
久々の新鮮な松旺子が大・中・小。

一緒に浸けたら赤山の香りがついてしまいそうだが、まぁいいか。